FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

無印たちの歌声が聞こえる(裏山編①)

4月中に後一度は更新したかったのですが、
あれやこれやで早やメーデーを迎えてしまいました。

…で、「馬鹿メイ!」なんて、姉が妹を叱る隣のトトロの中のセリフを思い出したりしましたけど、
ぜんぜん関係ありませんね。




中腹の谷あいでは依然として雪が残ってますが…。
A023-1残雪



A023-2残雪



そのすぐ頭上では若葉も出揃い…。
A023-3新緑




樹々の芽吹きは標高1100メートルの稜線に達しました。
A023-4コル




毎度の山頂で…。
予報を覆し、平凡な曇り空です。
A023-5山頂




山頂のマメザクラ
ほぼ満開のようですが、この冬の大雪のせいでしょうか?
 枯れ枝が目立ち、あまり華やかさは感じられません。
A023-6マメザクラ




富士山とその周辺に多く自生することから、別名をフジザクラとも呼ばれますが、
ソメイヨシノの一回り以上も小さい花が俯いて咲きますから、いかにも可憐な桜という印象です。
A023-7マメザクラ



富士にはフジザクラがよく似合ふ…、と言いたいところですが、
ここではツーショットで撮れる場所がありません。


曇天下に意外なほどクッキリ富士山でした。
A023-8富士




カラマツもはっきり若葉色です。
A023-9カラマツ




下山路は、元来た道の途中からツツジ新道を下ります。
A023-10山道




ミツバツツジはやや盛りを過ぎた感じで…。
A023-11ミツバツツジ



A023-12ミツバツツジ



少し放置するとたちまち荒れ果ててしまうのが新道の特徴で、
この新道もあまり歩き易いとは言えません。


A023-13芽吹き



A023-14森




一部には気の早い個体もありましたが、ヤマツツジのシーズンはまだこれからです。
A023-15ヤマツツジ



A023-16森




標高を下げるに連れ、緑が濃さを増していくのが解ります。
A023-17森



A023-19森



A023-20森




…ということで、
無印たちの歌声も、ウカウカしてる間にすぐ大人びてしまいますが、
後は山頂付近でもう一度くらいは聞く機会があればと思います。

似たような画像の連発ですが、次回もまたこの路線を続けることになりますかね。…たぶん。





スポンサーサイト



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/05/01(木) 21:50:22|
  2. Scenery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR