FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

丹沢の森に泳ぐ…?⑤



蛭ヶ岳山頂。 丹沢に「主稜線」と「主脈線」という呼び分けがあったとは知りませんでした。
A032-38蛭ヶ岳





今回も立ち寄りませんでしたが、蛭ヶ岳山荘の脇からその主脈線に入ります。
A032-39蛭ヶ岳山荘





蛭ヶ岳の階段美。…って、前にも言いましたっけ。
A032-40木道





階段は続くよどこまでも。…って、これも同じセリフかも。
A032-41木道





正面に今は遠くなりにけり檜洞丸ですが、山頂は頑として顔を出してくれませんでした。
A032-42檜洞丸





ちなみに、これはこの冬の出し物のリサイクルですが…。
左端が檜洞丸。右端手前のピークから急激に落ち込んだ尾根がこの朝登ったヤタ尾根です。
A032-43檜洞丸





季節を戻します。
A032-44新緑




A032-45山道





この付近、緩やかで快適な山道が続きます。
A032-46地蔵平





A032-47原小屋平





13:12 姫次。 …やっぱり、なんも見えへん。
A032-48姫次



…で、なんとも目出た目出たのお粗末さまですが、今回の画像は以上です。

蛭ヶ岳の下りから気になってはいましたが、カメラのバッテリーが
ここでとうとう底を突いてしまったからです。


写りはともかく、画像にザレ言を加えることで成り立っているブログとしては、
画像が無ければたちどころに継続不能となるわけで、以下、下山までの概略だけを少々…。

姫次からは東海自然歩道に入り、ほんの一投足で袖平山(1431.9m)。
さらに風巻ノ頭(1077m)を越え、後はかなり急ではあるもののよく整備された自然歩道を
駆け下りるがごとくヨタヨタと、14:48、晴れて再び神ノ川の出発地に立ち戻ることが出来ましたと言う次第で、、
ムダに長かったシリーズもこれにて完結です。


最後に、また一つ言う必要もないザレ言ですが、
登り始めの神ノ川の所在地が相模原市緑区で、檜洞山頂も、蛭ヶ岳も袖平山も相模原市緑区で、
つまり、丸一日ヘトヘトになって緑区内を歩き(泳ぎ)回っただけってことのようで、
それにしても相模原市緑区は広いですね。

…最後の最後までよくぞご辛抱いただき、ありがとうございました。







スポンサーサイト



テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/19(木) 22:12:25|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

丹沢の森に泳ぐ…?③


檜洞丸山頂直下から今登って来た方向を振り返ってます。
A032-15稜線



A032-14稜線




ご覧のように、箒沢側から盛んにガスが湧き上がって来ますが、
特にそれを阻止するような風があるとも感じられないのに、ガスは決して稜線を越えることはありません。
A032-16稜線



地域全体が低気圧に覆われた際にはその限りではありませんが、
その山だけに雲がかかっているような場合には、丹沢に限らず往々にして見られる現象のようです。



余計ですが、こんな画像を思い出しました。
地域も規模も違いますが、条件はそっくりです。(後立山・五竜岳~鹿島槍ヶ岳間)
A032-17八峰





再び檜洞丸山頂です。(登別の湯煙?にも一瞬の晴れ間がありました。)
A032-18檜洞丸





ブナの長老達に暇乞いして山頂を後にします。
A032-19ブナ




A032-20ミツバツツジ




ただのミツバツツジとちゃいますねん。トウゴクミツバツツジ、言いますねん。
A032-21ミツバツツジ





漸く檜洞の一山を越して来た辺り。
A032-22山道




程なくして金山谷乗っ越しを通過しますが、この付近、稜線に達するほどの崩落箇所があります。
A032-23山道




金山谷乗っ越し。
A032-24金山谷乗っ越



…と言うことで、今後のネタ切れ状況から推して、
ここでなるべく時間稼ぎをせざるを得ない事情もあったりしますので、
続きはまた次回ということで。






テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/16(月) 04:16:22|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丹沢の森に泳ぐ…?②


メジャーな丹沢山系にあっても、未だ秘境色の残る北西側の玄関、神ノ川。
丹沢も範囲が広いのです。
A032-2神ノ川




あれに見ゆるは、風巻ノ頭を越してその後ろに袖平山(1431.9m)。
今回の最終目的地であり、あの尾根から再びこの場に戻って来ようという計画ですが、
コースは東海自然歩道の最高所に当り、自然歩道のイメージからすれば最も険しい山道でもあります。
A032-3袖平山




ヤタ尾根。
聞き馴染みの薄いコースですが、まずここからスタートです。
A032-4看板




平凡な杉の植林地帯→雑木林を黙々とやり過ごし、標高1500メートル付近まで登って来ると…、
出て来ました。丹沢を代表する個性豊かなブナの巨木群です。
A032-5ブナ



A032-6ブナ




程なくで主稜線ですが、まるでこちらを待ち構えていたように、
ちゃんと遊泳環境が整えられておりました。
A032-7分岐




A032-8霧




A032-9バイケイソウ



なんとワンダフルかつブラボーな眺めではありませんか。
次に来る時は、ストックに替えて浮き輪を持参したいところ。…とまで言うと、
我ながら僻みっぽく聞こえますが。



A032-11霧




シロヤシオですが、背景が白いのと花も疎らであまりパッとしません。
A032-10シロヤシオ




A032-12霧




8:55 檜洞丸(1601m)。
登別の大浴場ではありません。ここがヒノキボラマル山頂です。
A032-13檜洞丸




…と言うことで、気分は犬かきスタイル大フィーバーの場面ですが、
以下はまた次回。





テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/14(土) 03:41:52|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR