FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

丹沢の森に泳ぐ…?⑤



蛭ヶ岳山頂。 丹沢に「主稜線」と「主脈線」という呼び分けがあったとは知りませんでした。
A032-38蛭ヶ岳





今回も立ち寄りませんでしたが、蛭ヶ岳山荘の脇からその主脈線に入ります。
A032-39蛭ヶ岳山荘





蛭ヶ岳の階段美。…って、前にも言いましたっけ。
A032-40木道





階段は続くよどこまでも。…って、これも同じセリフかも。
A032-41木道





正面に今は遠くなりにけり檜洞丸ですが、山頂は頑として顔を出してくれませんでした。
A032-42檜洞丸





ちなみに、これはこの冬の出し物のリサイクルですが…。
左端が檜洞丸。右端手前のピークから急激に落ち込んだ尾根がこの朝登ったヤタ尾根です。
A032-43檜洞丸





季節を戻します。
A032-44新緑




A032-45山道





この付近、緩やかで快適な山道が続きます。
A032-46地蔵平





A032-47原小屋平





13:12 姫次。 …やっぱり、なんも見えへん。
A032-48姫次



…で、なんとも目出た目出たのお粗末さまですが、今回の画像は以上です。

蛭ヶ岳の下りから気になってはいましたが、カメラのバッテリーが
ここでとうとう底を突いてしまったからです。


写りはともかく、画像にザレ言を加えることで成り立っているブログとしては、
画像が無ければたちどころに継続不能となるわけで、以下、下山までの概略だけを少々…。

姫次からは東海自然歩道に入り、ほんの一投足で袖平山(1431.9m)。
さらに風巻ノ頭(1077m)を越え、後はかなり急ではあるもののよく整備された自然歩道を
駆け下りるがごとくヨタヨタと、14:48、晴れて再び神ノ川の出発地に立ち戻ることが出来ましたと言う次第で、、
ムダに長かったシリーズもこれにて完結です。


最後に、また一つ言う必要もないザレ言ですが、
登り始めの神ノ川の所在地が相模原市緑区で、檜洞山頂も、蛭ヶ岳も袖平山も相模原市緑区で、
つまり、丸一日ヘトヘトになって緑区内を歩き(泳ぎ)回っただけってことのようで、
それにしても相模原市緑区は広いですね。

…最後の最後までよくぞご辛抱いただき、ありがとうございました。







スポンサーサイト



テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/19(木) 22:12:25|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

丹沢の森に泳ぐ…?④


金山谷乗っ越しから臼ヶ岳方面への登り返し。
この付近、並の山ならたちまち進退窮まってしまいそうな危険地帯ですが、
そこはメジャー山の有り難いところで、ご覧のような手厚い安全策が施されておりました。
A032-25ガレ場






正常な山道に戻りました。
A032-26山道






臼ヶ岳(1460m)への登り。
…ですが、今回は山頂へは立ち寄らずに通過します。
A032-27霧






オジサン、見られてます。
A032-28鹿






この山の鹿が人を意識することは稀で、むしろこの状態がノーマルです。
A032-29鹿






ここでもパッとしないシロヤシオですが、
この場合は花よりも木肌を見てました。
A032-30シロヤシオ






やっぱり赤い方に惹かれてしまいます。
A032-31ミツバツツジ






やっと視界に現れた蛭ヶ岳。…あの登りが正念場です。
A032-32蛭ヶ岳






その蛭ヶ岳に取り付いて振り返った臼ヶ岳。
A032-33臼ヶ岳




A032-34臼ヶ岳




そして、ここがいよいよその正念場で…。
A032-35山道




A032-36バイケイソウ





11:36 蛭ヶ岳
A032-37蛭ヶ岳



…と言うことで、
展望のいいはずの山頂ほどガスれば逆に殺風景ですが、
今回はこの山頂までで丁度切りがよろしいようで。

当ブログとしては比較的短めにここまで引っ張って来ましたが、
おかげさまで次回が最終となりそうです。






テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/17(火) 23:12:10|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の東丹沢縦走③


不安定な晴天よりも、
安定した不安定な天候が気分的に安定するという情緒不安定なオッチャンの丹沢記。
今回が3回目です。



      蛭ヶ岳山荘。 中は暖かなんでしょうねェ…。
A006-1-12:50蛭ヶ岳


風は比較的おとなしくしてくれているものの、
雪の方はどうやら本気で降りしきっています。

外では休む場所も無く、中では人の声もしてましたが、
このまま前進のつもりなら、この時間からしても下山は日没との競争になりそうで、
暖かい山小屋で寛いでしまうわけにはいかないのが残念です。



      山頂からやや下って未練たらしく振り返った蛭ヶ岳山頂。
A006-2-12:54蛭ヶ岳



      正面へ向き直って、こんな眺め。
A006-3-12:57稜線



A006-4-13:01稜線
    ※この辺りの画像はモノクロにしたつもりはないのですが、さっぱり色が出ません。


      下界の様子から察するに、どうやらこの山稜にだけ雪雲が絡まっているようで、
      この山域から少し離れればたぶん晴れているんでしょう。…チクショ~!
A006-5-13:03谷筋




            蛭ヶ岳を下り切ると、ルートは鬼ヶ岩ノ頭を目掛けまた急激に登ります。
A006-6-13:06鬼ヶ岩の頭




  鬼ヶ岩ノ頭の上部はちょっとした岩稜になってますが、なにしろ至れり尽くせりの丹沢ですから
  特に危険な箇所はありません。
A006-7-13:15クサリ場




           クサリ場の途中から蛭ヶ岳方面。
           この辺りは地図で見る以上の落差を感じます。
A006-8-13:16クサリ場




    鬼ヶ岩ノ頭のシンボル、鬼ヶ岩です。
A006-8-13:17鬼ヶ岩




  棚沢ノ頭付近、倒木に腰掛け暫しの休憩。
  同角山稜方面の眺め。…これはこれでドンヨリなりのいい眺めです。
A006-9-13:26山並み




 その先が不動ノ峰です。…少し明るくなって来ました。
A006-10-13:51稜線




    丹沢はいつからフェンスヶ岳になったのかという、稜線のいたるところにフェンスが張り巡らされていて、
    これも植生保護のためか鹿避けか、ついでに重度方向オンチにとっても
    不用意な道迷いが避けられそうではあります。
       …ところで、稜線上で僅かに薄日の射した一瞬ではありました。
A006-11-13:52稜線




  蛭ヶ岳を後にしてほぼ1時間。主稜線の来し方を振り返る。
A006-12-13:58稜線2




  そして漸く丹沢山(1567.1m)が目の前になりました。
A006-13-14:23丹沢山




  とは言っても、目指す塔ノ岳はまだあ~んなに先ですが………。
A006-14-14:27稜線2




…ということで、中途半端な場面ではありますが今回はここまで。

 このタイミングで出すのもまた変ですが、
 この回に歩いた核心部の地図は以下のとおり。

A006-15東丹沢(主稜線)



                 ついでに、今回の全行程はこんな感じでした。
A006-16東丹沢







テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/26(日) 00:20:59|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の東丹沢縦走②


雨(雪)オヤジ返上間違い無しと勇躍出掛けた丹沢の2回目。


姫次到着がすでに11時と、先行きに些か不安は残してますが、
随分なご無沙汰ではありましたし、
進むか戻るかはせめて蛭ヶ岳頂上まで頑張った上での相談ということにして、
休憩もそこそこに出発です。



    11:15 姫次発。
A006-11:00姫次



       なによりも、この青空が心強い味方ではありました。
       少なくともこの時点までは…の話ですが。
A006-11:02霧氷



    大室山(1587.6m)にかかるこの噴煙のような雲は何を意味しているのでしょう?
A006-11:07大室山



       姫次の台地を一旦下り、原小屋平を中心に暫くは緩やかな起伏が続きます。
A006-11:34山道


このクラスのメジャー山ではよほどの大雪直後でもない限り、
ラッセルやルートファインディングの苦労が免除される点で大変助かります。

つまりはたとえ赤の他人同士でも、みんなで歩く頼もしさを共有出来るのがメジャー山の良さで、
だからこそ長いブランクなオッチャンにもいきなり雪の季節に歩けるわけですね。
…まァ、あまり全面的にアテにし過ぎない心構えだけはしておくべきですがね。



    蛭ヶ岳山頂がそう簡単には近付いてくれないことは致し方ないとしても、
    この時点でほぼ完全に陽射しから見放されてます。
A006-11:45蛭ヶ岳



    それでもまだ視界は残ってまして、これも懐かしの檜洞丸(1601m)の眺めです。
A006-11:51檜洞



       蛭ヶ岳の階段美。
A006-12:16蛭ヶ岳



    ストロボを発光させればこのありさま。…今回も文句無く返り討ちに遭ってました。
A006-12:28蛭ヶ岳



    12:47 蛭ヶ岳頂上。(26941歩)
    なんとも寒々しい眺めになったものですが、風が穏やかな分、見た目ほどには寒さを感じなかったのが幸いでした。
A006-12:47蛭ヶ岳


          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

…ということで、次回はいよいよコースの核心を行きます。

風雪の稜線を行くオッチャンの孤独かつ過酷な50000歩への軌跡! …ナンチャッテ!
A006-13:18鬼ヶ岩の頭


…次回もどうか、乞う(話半分ほどの)ご期待を!





テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/24(金) 02:53:30|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の東丹沢縦走①


このところは専ら中央線沿線の山ばかり歩いてますが、
今回は久々の丹沢です。

かつて何度となく通った山域ではありますが、
どうも晴れ間と縁の薄いのが我が丹沢で、
今回はガチガチの冬型気圧配置という状況を睨み、
今度こそ雨(雪)オヤジ返上間違い無しと勇躍出掛けたのでありますが…。



とりあえず地元から一番入り易い登山口として、
東野を起点に北から南へ縦走するコースを取りましたが、
JR藤野駅から2本乗り継いだ乗り合いバスは、
平日とは言えいずれも貸し切り状態でした。

マイカー登山はもちろん便利には違いありませんが、
縦走登山には不向きということもあり、
路線バス存続のためにももっともっとバス便を利用してもらいたいものです。

…と、思いがけなく真面目なお訴えをして、7:35東野発。
(5701歩)←例によって、朝の犬の散歩込みで行けばこの歩数からスタートとなります。


A006-1道標



            8:45 登山口。…なにしろ久しぶりなもので、乗っけから道迷いをやらかしてしまい、
            バス停からここまで1時間以上もかかってしまいました。気を取り直してスタートです。
A006-8:44登山口




         登り始めはこんな感じ。
A006-8:45山道



         未明の新雪で、ところどころ踏み跡の消えかけている箇所もありました。
A006-9:12山道



       登り始めから1時間ほどで、モノレールのアーチを潜ります。
A006-9:46モノレール



      登山口から1時間半ほどで漸く稜線近しの雰囲気になってきました。
      稜線に出るまではなんとかアイゼンを着けずに歩きましたが、
      古い雪の上に積もった新雪ですから、歩き難いったらありません。
A006-10:24山道



      八丁坂の頭がどこだか忘れましたが、やっと稜線に出ました。
      稜線に出ると、さすがメジャーな山ですね。もう人が歩いた跡がありました。
A006-10:26稜線



     稜線の木々は霧氷の花盛りでした。
A006-10:26霧氷



A006-10:28霧氷



               姫次手前のブナの巨木。こちらはすっかり老け込みましたが、お変わりもなく…。
A006-10:48ブナ



    10:51 そして、姫次に到着です。(20111歩)
A006-10:51姫次



  これから目指す最高峰の蛭ヶ岳(1673m)。姫次からの懐かしい眺めです。
A006-11:01蛭ヶ岳



姫次ですでに11時。先行きが少々不安ですが、ここはちびりちびりと次回に続きます。







テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/22(水) 23:52:52|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR