FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

高尾山のセッコク②

セッコク見物のついでに高尾山頂までは登り着きました。

そこからさらに陣馬山方面へ歩く心積もりだけはあったのですが、
何しろ暑そうだし、さっぱり戦意が湧いて来ません。
よって、ここで退去と決めました。



山頂の1.5億円ホテル。…いえ、トイレです。
A031-13トイレ
御殿のようなトイレで一度は感触を確かめたかったのですが、残念、まだ鍵が掛かってました。
高尾山頂へはおそらくこの時間帯にしか来れない当方なんぞは、永遠に門前払いなのかも知れません。



戻りは北側斜面の4号路を行きます。
A031-14四号路



以下、雰囲気だけマナーモードでどうぞ…。

A031-15道標


A031-16山道


A031-17森


A031-18マルバウツギ


A031-19吊橋


A031-20四号路


吊橋を渡れば程なくで蛇滝コースと合わさり、
やがて高尾銀座の本通りに合流します。

4号路の意外な静けさとは裏腹に、
薬王院への参道は予想どおりの賑わいが始まっていました。

後は人の流れと逆流する形で最短コースを下り、
今朝ほどの琵琶滝との分岐点に下り立ったのが8時ちょい過ぎ。

ですが、このまま帰ってしまうのもなんとなくお愛想無しな気もしますので、
今度は人の流れに乗ってもう一度セッコクツリーのあった場所まで登り、
今季の一期二会をして帰ることにしました。




朝は白かったのに、陽が当たるとなぜかピンク…。
A031-21セッコク


A031-22セッコク


A031-23セッコク


なお、自分の足で現地まで歩くのが大儀な人には、
ケーブルの清滝駅構内でも移植されたセッコクがより至近で見られます。

…本当に、何から何まで面倒見のいい☆☆☆山ですね。





スポンサーサイト



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/08(日) 00:50:42|
  2. 里の花山の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

高尾山のセッコク①


この暑いのに高尾山でっか…、って感じもしないではありませんが、
この時季にしか見られない花である以上この時季に行くしかないわけで、
セッコクですからせっかくの花、…いえ、その逆を見に行って来ました。

とにかく、年中ホットな高尾山ではありますが、
しかも今回はガチガチの正面ルートから挑むことにもなりますので、
当方にとりましてはかなりアドベンチュアな試みではありました。




6:00 お馴染み、高尾ケーブル「清滝駅」です。
去年の秋も今年の春もここを避けて通りましたから、久しぶりと言えば久しぶりです。
A031-1ケーブル下






高尾の森に住まいせる八百万の神々。…意外にひょうきん者揃いのようで親近感が湧きます。
A031-2七福神






琵琶滝方面入口。
A031-3標柱

 




琵琶滝の上から岩屋大師の屋根。なかなか結構な眺めです。
A031-4岩屋大師






上ばかり見て歩くとこんな根っこに足をすくわれます。
A031-5山道






…で、早速のせっかくのセッコクです。
A031-6セッコク




いかにも寄生植物ように見えますが、くっ付いた木からちゃっかり養分まで吸い取るような狼藉者を
寄生植物と呼ぶのに対し、このセッコクなどは単に間借りをしているだけで、
食に関してはちゃんと自活出来るタイプだそうで、それらを着生植物という呼び方で区分するそうです。



豪華なセッコクツリーですが、如何せん花までの距離が遠過ぎました。
A031-7セッコク






セッコクついでにせっかくですから、6号路をそのまま高尾山頂を目指すことにします。
A031-8山道






稲荷山コースとの分岐点。
A031-9分岐点






その先はほとんどチョロチョロ水になった沢床を、敷石を踏んで歩くようになりますが、
ここもハイカーの行列が出来る状況では厄介なんでしょうね。
A031-10山道






やがて沢が尽きれば整備の行き届いた階段登りになりますが、これが逆に歩き難かったりします。
A031-11山道






7:10 高尾山頂。
どんなに朝早くから登っても、高尾山に限っては山頂一番乗りということがありません。
なぜなら、夜歩いて朝帰りするハイカーもいるからです。
A031-12高尾山頂

  


…と言うことで、
今回もまた殊更に分割投稿するまでもない内容ですが、
不必要な画像もどうしてもカット出来ない性分につき、
残りはまた次回ということにさせていただきます。

なお、後編と二つでやっと一つの内容ですので、初回のコメ欄は閉じさせていただきました。
またのご訪問の際にはよろしくお願いします。





テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/06/05(木) 23:00:14|
  2. 里の花山の花
  3. | トラックバック:0

無印たちの歌声が聞こえる(高尾編②)

裏高尾、カツラ詣での続編。
どうでも良さそうな画像のオンパレードなりに、今回が事実上の本編です。


花桃だのユキヤナギだの、一般的な山の頂上ではなかなか見られない花盛りを見送り、
小仏城山を後にします。

ここからは日影沢林道を下ります。
時折車も通る舗装路ですが、水路に沿った林道では、
園芸種ではない山野草もそこそこ見られる悪くないコースです。



高尾山のメインストリート方面。
背後に見えるカッコいい山は、丹沢・大山です。
A020-14大山方面




早速、朝の遅いニリンソウが寝ぼけまなこで出迎えてくれました。
A020-15ニリンソウ



A020-16ニリンソウ




このどことなくゴジラっぽい植物は、ヨゴレネコノメなんて汚名を着せられているのが哀れというか、
実にピッタリです。
A020-17ヨゴレネコノメ




こんなせせらぎを左手に見ながら、長閑に下ります。
A020-18沢




A020-19タネツケバナ




A020-20シャガ




A020-21ヤマブキ




日影沢のキャンプ場を過ぎ、カツラの林に対面するとそこが裏高尾のエリアで、
ほどなくで旧甲州街道に出ます。
A020-22カツラ




この季節、4~5日の遅れは大層な遅れで、今年もやっぱり芽吹きの時季を過ぎてしまいました。
A020-23カツラ




A020-24カツラ




A020-25カツラ




A020-26カツラ




旧甲州街道沿いから…。しつっこく載っけます。
A020-27カツラ




A020-28カツラ




A020-29カツラ




A020-30カツラ




A020-31カツラ




カツラ林を通り過ぎた時点で時刻はまだ9時半です。
このまま帰れば家族をガッカリさせそうなので、蛇滝コースから再び稜線経由で帰ることにします。
A020-32森




10:18 霞台。
文字通り、陽の光を遮るほどの霞で、都心方面もドンヨリです。
A020-33都心方面



蛇滝コースの登り着く場所はケーブルカーの山頂駅すぐ傍とあって、
メインストリートに出るや、今しも続々と登って来る人波の中でした。

薬王院への参道はほぼ全面上り車線と化していて、下り方向は自分独りという状況。
それでなくとも対人恐怖のオジサンとしては、行くも千里、戻るも千里という心境で…。

よって、これより高尾駅まではほとんど写真を撮る余裕もありませんでしたが、
登って来るハイカーと、おそらくは3年分くらいの纏まった挨拶をしたせいもあって、
後半はガックリと疲れました。



…で、最後にオマケを一つ。
高尾山麓顔面膏薬猫。
A020-34ブサ猫







テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/19(土) 05:53:02|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

無印たちの歌声が聞こえる(高尾編①)


ソメイヨシノの散り果てを待ちかねたように、
高尾山でも一斉に樹々の芽吹きが始まりました。

一斉に、と言えばいかにも威勢がいいのでそう言いたくなりますが、
実際には樹種によって時間差のあることは言うまでもありません。

分けても裏高尾の旧甲州街道沿いに多く見られるカツラの樹は、
他の樹木に先駆け春が弾け出る感じで芽吹くのが圧巻で、
さしもの出不精者も、今をおいてほかにはないという意気込みで、
高尾くんだりまで出掛けることにしました。



夜が明けて間もないJR相模湖駅。
A020-1相模湖駅



ただ裏高尾直行ではお愛想無しですので、
今回は相模湖から弁天橋を渡り、小仏城山を越えて裏高尾を目指します。


弁天橋。
A020-2弁天橋




弁天橋を渡り返した斜面で多く見られたヤマルリソウ。
時季はちょっと遅いかもです。
A020-3ヤマルリソウ




国道20号に出たところが千木良の集落で、その先で城山への山道に入ります。
A020-4千木良




山道とは言っても、いかにも高尾らしい散策路で…。
A020-5山道




耀ける無印たち。
A020-6若葉




全く地味なクロモジの花ですが、この時季こそはアンタが主役!
A020-7クロモジ



A020-8クロモジ



A020-9芽吹き



こちらは言わずと知れたヤマザクラですが…。
A020-10ヤマザクラ




山頂が園芸種の花盛りなんてのはちといただけません。
A020-11花盛り




まァ、高尾山だから良しとしましょう。
A020-12城山




7:15 山頂ビアホールはもちろんまだ営業前で…。
A020-13城山



…ということで、
どうでもいい画像のオンパレードが売りの当ブログとしては、些か拍子抜けな画像枚数ですが、
一回で完結させるにはさすがに長過ぎてしまいそうなので、初回はとりあえずここまでとしておきましょう。

尤も、一回で終わらせようと思えば画像3枚でも足りてしまえそうな内容かも知れませんが、
不器用者の性分というもんでござんしょうかね…。




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/04/17(木) 20:59:56|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北高尾から南高尾②

年間250万人もの入山者を集める高尾山域にあって、
堂所(ドウドコロ)山は高尾~陣馬の主脈では唯一茶店の無い山頂です。

しかも頂上直下にはどうぞ山頂はパスして下さいと言わんばかりの快適な巻き道もあり、
自ずと登頂者が絞られる仕組みになっているようです。

世界一賑わう山域であれば、なおのこと影の薄さが際立つ堂所山ですが、
北高尾山稜を登り詰めてみると、そのグループとしては堂々たる盟主であることを
確認出来たのは収穫でした。


…さて、堂所山を後に、奥高尾の領域に踏み入ります。

          山頂と巻き道との分岐。
          この表示板を境に行き交うハイカーも急に多くなります。
1-10:26山道



                  景信山への登り途中では、嬉しいことにシモバシラの花盛りに遭遇。
2-10:58シモバシラ



         写真写りの良さそうなカワイコちゃんを物色しているヒマも無さそうだし、
         纏めて面倒見るとこんな感じ。
3-11:01シモバシラ



        11:05 景信山。
        思ったほどには混んでいる感じでもありませんでしたが、
        土日となるとこんなもんじゃないんでしょうね。
4-11:15景信山



今朝越えて来た北高尾山稜。
右端の八王子城跡から左方向へ辿り、再び右側へヘアピン状態に折れ曲がって来たところが現在地です。
5-11:15北高尾山稜



       お山の向こうにお昼前の都心方面ですが、やっぱり画像は汚いです。
       シャープネスをかけ過ぎればこうなるという失敗例ですね。
6-11:04都心



       こちら小仏城山(右)と高尾山の頭越しに見る丹沢山塊です。
7-11:18丹沢方面



景信山頂はいつ来ても開放的で、心のキャパまで広くなった気分になりますね。
関東平野の端から端まで見渡すと、地球が丸いことまで実感出来ます。
…と言いつつも、〆て10分の滞在でせかせかと次へ移ります。


         …奥高尾の代表する滑走路のような道ですから、
         トレランをやるつもりは無くても、自然と足は早くなります。
8-11:19山道



        11:32 小仏峠を通過。
9-11:32小仏峠



          11:50 小仏城山を通過。
10-11:50城山



         ここで進路を左に取れば一丁平を経て高尾山。
         今回は里心も起こさず正面の大垂水峠方面へ進みます。
11-11:57分岐



         またピタリと人影が絶えました。
12-12:06山道



         12:24 大垂水峠。
         国道が横切る峠ですから、陸橋が設けられているのは結構なことですが、
         出来ることなら道路まで下りずに最初からあの高さで渡りたかった…。
13-12:28大垂水峠2



昔から人里と関わり深い山域だったせいなのでしょう。
昔日の面影を残したゆかしい峠が数多く残っているのも高尾山系の特長です。

今回は名のある峠を8つ通過したことになりますが、どれも趣きのある場所ばかりでした。
ただし、この大垂水峠についてだけは、かつてはそうだったんだろうという愛惜を込めてですが…。


                大垂水峠の陸橋を渡れば、そこはもう南高尾エリアということになります。
14-12:39林



      12:53 南高尾最初の山頂が大洞山。
15-12:53大洞山



        山が低い分だけ里も近いです。
16-13:08橋



    3車線もある山道も珍しいでしょうね。
17-13:14山道



          ここで不覚にも巻き道に入ってしまい、コンピラ山、中沢山をスルーしてしまいました。
18-13:20巻き道



      津久井湖の一部分だと思いますが、北高尾とは麓の趣きが随分と変わりました。
19-13:36下界



        13:50 西山峠。
20-13:50西山峠



          南高尾エリアは総じて傾斜も緩く、そろそろ足に来そうな終盤戦には助かります。
21-13:56泰光寺山



      14:07 三沢峠。
22-14:09三沢峠



        城山湖です。
        もう少しまともに見える場所があるのかと思いましたが、とうとうありませんでした。
23-14:30城山湖



     14:33 草戸山。(43740歩 ←歩数計の存在を忘れてました)
     ここが今回最後の名のあるピークとなります。
     この東屋は城山湖の展望台かと思いましたが、期待外れでした。
24-14:33草戸山




      14:54 草戸峠。高尾本山方面の眺め。
25-14:54草戸峠



    12月の太陽は早くも帰り支度を始めたようで、朝見た色に近付いて来ました。
    …それにしても、草戸山から最後の最後が長く感じられます。
26-15:22紅葉



         15:39 左手に京王高尾山口駅への道を見送り、ここではJR高尾駅方面へ直進します。
27-15:39分岐



          それから程なく、あれに見ゆるは自然の地形を利用したスタジアムかと思いましたら、墓地でした。
28-15:41墓地



           ここは見るも無残な伐採地と化しており、
           近い将来、高尾山麓の霊園化の波は確実にここまで押し寄せるということなのでしょう。
29-15:41伐採地



           …そして、15:47
           長い一日の終着点はやっぱりこういう場所。まるで霊様のお導きのように…。
30-15:47墓地



なお、こちらの墓標群は妙にミニサイズだなとのパッと見でしたが、
それもそのはず、ここはペット専用の墓地でした。


後は広い霊園の敷地を抜け、住宅地をヨタヨタ歩き、30分足ほどの道程でJR高尾駅。
16:15(51607歩)の到着でした。


…ところで、歩き終えていまいち腑に落ちないことがあると言えば、
もう少し歩くと思われた山道があっ気なくも終わってしまったこと。
また、山中ではあれだけ要所要所に立っていた道標が、墓地に降り立って以降は
パッタリ途絶えてしまったことと言い、さては最後の最後でまた道を取り違えてしまったか…? 
それもつまりは霊様に鼻を摘ままれたかという、なんだか変な後味がしてなりません。



5:50「霊園前」バス停~6:11八王子城入口~6:46本丸跡~7:26富士見台
~8:24狐塚峠~9:34関場峠~10:03堂所山10:30~11:05景信山11:15
~11:32小仏峠~11:50小仏城山~12:24大垂水峠~12:53大洞山13:15
~13:50西山峠~14:07三沢峠14:20~14:33草戸山14:50~
15:39高尾山口駅分岐~15:47墓地(登山口)~16:15高尾駅




テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/12/19(木) 12:12:08|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR