FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

雪の東丹沢縦走④


ちょっと間延びしましたが、今回が最終です。


丹沢は人馴れした野生鹿の山としても有名で、
一日山を歩いていれば一度も鹿に遇わない方が稀かも知れません。

と言って、別段人にエサをねだるわけでもなく、愛嬌を振り撒くでもなく、
ただ人目につく場所へ平然と姿を現すというだけで、
人馴れと言うよりも、人の存在など全く眼中に無いといった風なのですが、
にも関わらず、登山者の集中する塔ノ岳~丹沢山間や鍋割山稜に
より多く見られる気がするのはどういう理由でしょうか…?

A006-1-15:15鹿



A006-2-15:59鹿2



…さて、雪の縦走路も終盤です。

ノッペリズングリの丹沢山といっても、
一旦下ってまた登り返す作業はやはり楽ではありません。

 頂上直下、もう何度も振り返った不動ノ峰方面の稜線です。
A006-3-14:40稜線



    14:45 丹沢山。(33644歩)…みやま山荘です。
    すでに本日の行程を終えた宿泊者も何名かいるようで、賑やかな話し声が聞こえます。
    でも、悲しいかなオジサンは、ここでも一歩たりとも敷居を跨ぐわけにはいきません。
A006-4-14:43丹沢山



       この雪野ヶ原でも休む場所は無さそうなので、ほぼ素通り状態で先を急ぎます。
A006-5-14:46丹沢山



  やや下った場所から眺めた塔ノ岳。…山頂の尊仏山荘が小さく見えています。
A006-6-14:49塔ノ岳



    山道というよりも、まるで公園の遊歩道のようで…。
A006-7-15:04木道



  また振り返る。…丹沢山と不動ノ峰(左)です。
A006-8-15:07稜線



    起伏の緩やかさに歩き易さが加わって、
    あれだけ遠くに見えた塔ノ岳山頂が見る見る近付いて来ました。
A006-9-15:14塔ノ岳



    いよいよ最後の登りです。
A006-10-15:20塔ノ岳



    15:35 塔ノ岳。(38180歩)…やれやれ、よくぞ参られたという感じ。
A006-11-15:35塔ノ岳



            不動ノ峰とその奥に蛭ヶ岳。
            ヨタヨタとした足取りでも歩き続ければこれほどの移動が可能なんですね。
            とりあえず、我が足を誉めて取らせましょう。
A006-12-15:37塔ノ岳



新大日(左)から三ノ塔へ続く表尾根の眺め。左後方が大山です。
思えば丹沢の雪山デビューがこの表尾根でした。…なんもかんも懐かしいです。
A006-13-15:48表尾根



    こちら、正面奥が鍋割山。
    最近は新名物鍋焼きうどんで人気を博しているそうですね。
A006-14-15:39鍋割山



  …さて、時刻は16時が近付いています。
  最後の山頂ではもう少しセンチ老人をやっていたいところでしたが、
  2時間以内には確実に暗くなるはず。…下山を急がなければなりません。
A006-15-15:48塔ノ岳



…と、立ち上がったこちらと入れ替わるように、この時間に登り着いた登山者あり。
当方より年輩と思われる山マダムのお独り様で、今夜はここの山小屋に泊まり、
明日は丹沢山を往復するんだとか…。
疲れも見せず、霧氷が綺麗と感激の様子には、こちらも思わず貰い感激してしまいました。



      …で、下山路に一歩踏み入るとまた鹿のご一行に遭遇。
      相変わらずこちらは一切無視ですが、ちゃんと道を避けるマナーは心得ているようです。
A006-16-15:51山道



    5分ばかり下って最後に振り返った塔ノ岳山頂。
A006-17-16:01塔ノ岳



 それから更に15分ほど。
 花立付近から見下ろす大倉尾根と渋沢丘陵。
 後は下るばかりとは言っても長い長いバカ尾根ですから、
 これにてカメラも片付け小走りに専念しましょう。
A006-18-16:15山道



      たとえ途中で日が暮れても、不安要素は何も無さそうな山道ではあります。
A006-19-16:31山道




      17:50 大倉バス停。(50239歩) …画像はその少し手前ですが。
      辛うじて足元が見えるうちに下り着きました。
A006-20-17:46夜景




               …で、輝かしきこの日の最終数値実績です。
A006-21-歩数計



さすがにこの夜の犬の散歩はパス。
つまりは誰からも散歩はしてもらえなかったわけで、
犬にとっては最悪の一日だったことは間違い無さそうです。


長々とお付き合いいただきありがとうございました。






スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/29(水) 22:35:35|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の東丹沢縦走③


不安定な晴天よりも、
安定した不安定な天候が気分的に安定するという情緒不安定なオッチャンの丹沢記。
今回が3回目です。



      蛭ヶ岳山荘。 中は暖かなんでしょうねェ…。
A006-1-12:50蛭ヶ岳


風は比較的おとなしくしてくれているものの、
雪の方はどうやら本気で降りしきっています。

外では休む場所も無く、中では人の声もしてましたが、
このまま前進のつもりなら、この時間からしても下山は日没との競争になりそうで、
暖かい山小屋で寛いでしまうわけにはいかないのが残念です。



      山頂からやや下って未練たらしく振り返った蛭ヶ岳山頂。
A006-2-12:54蛭ヶ岳



      正面へ向き直って、こんな眺め。
A006-3-12:57稜線



A006-4-13:01稜線
    ※この辺りの画像はモノクロにしたつもりはないのですが、さっぱり色が出ません。


      下界の様子から察するに、どうやらこの山稜にだけ雪雲が絡まっているようで、
      この山域から少し離れればたぶん晴れているんでしょう。…チクショ~!
A006-5-13:03谷筋




            蛭ヶ岳を下り切ると、ルートは鬼ヶ岩ノ頭を目掛けまた急激に登ります。
A006-6-13:06鬼ヶ岩の頭




  鬼ヶ岩ノ頭の上部はちょっとした岩稜になってますが、なにしろ至れり尽くせりの丹沢ですから
  特に危険な箇所はありません。
A006-7-13:15クサリ場




           クサリ場の途中から蛭ヶ岳方面。
           この辺りは地図で見る以上の落差を感じます。
A006-8-13:16クサリ場




    鬼ヶ岩ノ頭のシンボル、鬼ヶ岩です。
A006-8-13:17鬼ヶ岩




  棚沢ノ頭付近、倒木に腰掛け暫しの休憩。
  同角山稜方面の眺め。…これはこれでドンヨリなりのいい眺めです。
A006-9-13:26山並み




 その先が不動ノ峰です。…少し明るくなって来ました。
A006-10-13:51稜線




    丹沢はいつからフェンスヶ岳になったのかという、稜線のいたるところにフェンスが張り巡らされていて、
    これも植生保護のためか鹿避けか、ついでに重度方向オンチにとっても
    不用意な道迷いが避けられそうではあります。
       …ところで、稜線上で僅かに薄日の射した一瞬ではありました。
A006-11-13:52稜線




  蛭ヶ岳を後にしてほぼ1時間。主稜線の来し方を振り返る。
A006-12-13:58稜線2




  そして漸く丹沢山(1567.1m)が目の前になりました。
A006-13-14:23丹沢山




  とは言っても、目指す塔ノ岳はまだあ~んなに先ですが………。
A006-14-14:27稜線2




…ということで、中途半端な場面ではありますが今回はここまで。

 このタイミングで出すのもまた変ですが、
 この回に歩いた核心部の地図は以下のとおり。

A006-15東丹沢(主稜線)



                 ついでに、今回の全行程はこんな感じでした。
A006-16東丹沢







テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/26(日) 00:20:59|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の東丹沢縦走②


雨(雪)オヤジ返上間違い無しと勇躍出掛けた丹沢の2回目。


姫次到着がすでに11時と、先行きに些か不安は残してますが、
随分なご無沙汰ではありましたし、
進むか戻るかはせめて蛭ヶ岳頂上まで頑張った上での相談ということにして、
休憩もそこそこに出発です。



    11:15 姫次発。
A006-11:00姫次



       なによりも、この青空が心強い味方ではありました。
       少なくともこの時点までは…の話ですが。
A006-11:02霧氷



    大室山(1587.6m)にかかるこの噴煙のような雲は何を意味しているのでしょう?
A006-11:07大室山



       姫次の台地を一旦下り、原小屋平を中心に暫くは緩やかな起伏が続きます。
A006-11:34山道


このクラスのメジャー山ではよほどの大雪直後でもない限り、
ラッセルやルートファインディングの苦労が免除される点で大変助かります。

つまりはたとえ赤の他人同士でも、みんなで歩く頼もしさを共有出来るのがメジャー山の良さで、
だからこそ長いブランクなオッチャンにもいきなり雪の季節に歩けるわけですね。
…まァ、あまり全面的にアテにし過ぎない心構えだけはしておくべきですがね。



    蛭ヶ岳山頂がそう簡単には近付いてくれないことは致し方ないとしても、
    この時点でほぼ完全に陽射しから見放されてます。
A006-11:45蛭ヶ岳



    それでもまだ視界は残ってまして、これも懐かしの檜洞丸(1601m)の眺めです。
A006-11:51檜洞



       蛭ヶ岳の階段美。
A006-12:16蛭ヶ岳



    ストロボを発光させればこのありさま。…今回も文句無く返り討ちに遭ってました。
A006-12:28蛭ヶ岳



    12:47 蛭ヶ岳頂上。(26941歩)
    なんとも寒々しい眺めになったものですが、風が穏やかな分、見た目ほどには寒さを感じなかったのが幸いでした。
A006-12:47蛭ヶ岳


          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

          ↓

…ということで、次回はいよいよコースの核心を行きます。

風雪の稜線を行くオッチャンの孤独かつ過酷な50000歩への軌跡! …ナンチャッテ!
A006-13:18鬼ヶ岩の頭


…次回もどうか、乞う(話半分ほどの)ご期待を!





テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/24(金) 02:53:30|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の東丹沢縦走①


このところは専ら中央線沿線の山ばかり歩いてますが、
今回は久々の丹沢です。

かつて何度となく通った山域ではありますが、
どうも晴れ間と縁の薄いのが我が丹沢で、
今回はガチガチの冬型気圧配置という状況を睨み、
今度こそ雨(雪)オヤジ返上間違い無しと勇躍出掛けたのでありますが…。



とりあえず地元から一番入り易い登山口として、
東野を起点に北から南へ縦走するコースを取りましたが、
JR藤野駅から2本乗り継いだ乗り合いバスは、
平日とは言えいずれも貸し切り状態でした。

マイカー登山はもちろん便利には違いありませんが、
縦走登山には不向きということもあり、
路線バス存続のためにももっともっとバス便を利用してもらいたいものです。

…と、思いがけなく真面目なお訴えをして、7:35東野発。
(5701歩)←例によって、朝の犬の散歩込みで行けばこの歩数からスタートとなります。


A006-1道標



            8:45 登山口。…なにしろ久しぶりなもので、乗っけから道迷いをやらかしてしまい、
            バス停からここまで1時間以上もかかってしまいました。気を取り直してスタートです。
A006-8:44登山口




         登り始めはこんな感じ。
A006-8:45山道



         未明の新雪で、ところどころ踏み跡の消えかけている箇所もありました。
A006-9:12山道



       登り始めから1時間ほどで、モノレールのアーチを潜ります。
A006-9:46モノレール



      登山口から1時間半ほどで漸く稜線近しの雰囲気になってきました。
      稜線に出るまではなんとかアイゼンを着けずに歩きましたが、
      古い雪の上に積もった新雪ですから、歩き難いったらありません。
A006-10:24山道



      八丁坂の頭がどこだか忘れましたが、やっと稜線に出ました。
      稜線に出ると、さすがメジャーな山ですね。もう人が歩いた跡がありました。
A006-10:26稜線



     稜線の木々は霧氷の花盛りでした。
A006-10:26霧氷



A006-10:28霧氷



               姫次手前のブナの巨木。こちらはすっかり老け込みましたが、お変わりもなく…。
A006-10:48ブナ



    10:51 そして、姫次に到着です。(20111歩)
A006-10:51姫次



  これから目指す最高峰の蛭ヶ岳(1673m)。姫次からの懐かしい眺めです。
A006-11:01蛭ヶ岳



姫次ですでに11時。先行きが少々不安ですが、ここはちびりちびりと次回に続きます。







テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/22(水) 23:52:52|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれに見ゆるは…


A005.jpg

      ネタ切れの繋ぎ画像も何回目になりますか…。






テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/18(土) 08:52:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日本で一番有名な少女


まず最初にお断りしておきますが、実にしょうもない記事です。

最後までご覧いただいた場合には、後悔されようとも責任は負いません。




                ご存知、岸田劉生作「麗子微笑」像です。
A004-1麗子像


麗子5歳から16歳の間に70点もの作品を残したそうですから
愛娘に注がれた情の深さが偲ばれます。

とは言え、並の溺愛パパなら実物以上にも可愛く描きたくなるのが人情ですが、
この先生は逆で、我が娘をここまで妖怪チックに描こうとは、
さすが日本の美術史に名を馳せた奇才の感性は違います。


余計なお世話とは重々承知の上ですが、少々整形を施してみました。

                まず、オリジの画面がいかにも暗過ぎるので明るくしましたが、不気味さは変わりません。
A004-2麗子像



                次に、圧縮されたような頭部をやや人並みに伸ばしてみましたが、
                悪いけど、可愛くありませんねェ…。
                あどけなさの残る点ではむしろ最初の方がマシかもです。
A004-3麗子像



                目を大きくすると多少は人間の娘らしくはなりましたが、
                不気味さの原因は、まるで熱でもあるのかという顔全体のむくみのせいかも知れません。
A004-4麗子像



                漸く普通の女の子に近くなりました。
                でも、重文の指定を受けるには、やっぱり元のむくんだ顔の方が
                インパクトありというところでしょうか。
A004-5麗子像



                  そこで今回は、世界一有名な少女と言えばフェルメール作のこの少女。
A004-6フェルメール



                 …で、世界で一番有名な少女の被り物を拝借してみました。
                 異文化ですなァ…。
A004-7麗子像



                 ただ、世界へ出るためにはこのほつれた衣装も問題ですから、
                 この際、世界一をまるごと借用しました。
A004-8麗子像



                 最後のフィニッシュになりますが、ご面相をオリジに戻せばこう。
                 世界一と日本一が合体したオーラが漂っていそうないなさそうな…。
A004-9麗子像


           …これ、もっと後悔されそうな続編があるかもです。




テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/14(火) 13:50:20|
  2. Picture
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

河口湖 オルゴールの森から②



A-003-2.jpg


A-003-3.jpg


A-003-4.jpg


A-003-5.jpg


A-003-6.jpg


A-003-7.jpg


A-003-8.jpg
 まるでホラー映画の1シーンのようで…。


A-003-9.jpg


A-003-10.jpg

富士山を背景にヨーロピアンスタイルというミスマッチも今どきの日本流なのかも知れませんが、
お洒落でエキゾチックな空間も、場違いなオジサンの目で見ればどうも暗くなっていけませんわい。




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/11(土) 10:10:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河口湖 オルゴールの森から



A-003-1.jpg
簡単な手口ですが、いじってます。





テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/09(木) 02:27:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

正月明けの朝


今年2度目の出し物も同じポジションですが、
前日よりも一段と冷え込んだせいでしょう、この朝の富士山は綺麗でした。




       日の出はやっぱりイマイチでしたが、光芒がまるで旭日旗のようで…。
A002-1-6:56日の出



6:54
A002-2-6:54富士



6:58
A002-3-6:58富士



7:05
A002-4-7:05富士



   都心方面もすっきり見えてました。
   2014年もこの日から平常に戻るわけですね。
A002-5-7:01都心
  ちなみに、この山では陣馬山頂の真上にスカイツリーが見えます。



       今回は隣山まで行くことにします。
       その先にはどんな偶然が待ち構えているとも知れませんものでね…。
A002-6-7:21プロムナード



       ゴチャゴチャした枝越しに見えるのが隣山です。
A002-7-7:42百蔵山



       …で、隣山の肩まで登り着きました。
       正面の山が今は隣山となった今朝ほどの山です。
A002-8-9:05扇山



9:27
明け方の三度笠は取れましたが、
いつもながらここの富士様はバッチリ決まってますね。
A002-9-9:27富士








テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/07(火) 10:05:58|
  2. Scenery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明けましておめでとうございます


A001-20140101-6:53富士


2014年1月1日の日の出富士山です。
元日に相応しい穏やかな朝でした。

ですが、この画像は明らかに変です。

年の初めの早々の嘘つき始めで、
この場所で太陽がここから顔を出すなんてことは、
天地が横倒しにでもならない限りあり得ないのです。


下の2枚が嘘偽りのない元画像ですが、
ご覧のようにあまりにも変化に乏しい空だったもので、
ちょっと冗談をやってみたくなったという次第です。


A001-20140101-6:53日の出


A001-20140101-6:53富士2


今年も時々はこんな独りよがりな冗談を織り交ぜての内容になりますが、
ただし、この手の冗談はあるがままの自然風景を冒涜する行為に他なりませんので、
嘘をついた時には嘘をついたと必ず自己申告するよう心がけたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/01(水) 23:17:12|
  2. Scenery
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR