FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

雪山入門-大菩薩嶺②

冬の大菩薩後編です。


さすが百名山という美味しい場面はこの後すぐですが、
その前にスペシャルゲストのご紹介。

                        介山荘の片隅に立つお地蔵様です。
A007-1-10:37地蔵

人の絶えない夏場にはもちろん気にならなかったのですが、
今は誰もいないはずの峠で、妙に視線を感じると思ったらこのお方。
…昨年もそう。忘れてましたが今回もやっぱりそうなのです。

そう言えば、昨年も今年も同じ場所で一息ついているわけで、
数メートルの距離はあっても、ご尊顔と丁度向き合う位置だった
ことも関係しているのかも知れませんが、
それにしても、その気になって見なければ気づかないほど小さなお方で、
何かしらの引力がなければそちらに目を向けるはずもなかったろう、というのが不思議です。

日頃は全くの不信心者ですが、
なにやら慈愛に満ちたテレパシーのようなものが感じられ、今回は鄭重に手を合わせ出発です。




写真に撮る場所と言えば、毎度同じポジションになるから笑えます。
A007-2-10:38大菩薩峠




                 机竜之助さんとは面識はありませんけど、
                 大層悪いヤツだったようで…。
A007-3-10:41石塔




峠の山小屋がもうあんなに遠ざかって… ここもいつもと同じシーンです。
A007-4-10:47大菩薩峠




賽の河原を見下ろすポイントまで来ました。左端がまるで牛首山の大菩薩嶺山頂です。
A007-5-10:51大菩薩嶺




               稜線に出てからは、終始相当な風が吹いてましたが、
               この付近は特に強く、シュカブラの見られる場所もありました。
               2000メートルの風、実感ですなァ…。
A007-6-10:50風成雪




    賽の河原の非難小屋と、後ろは妙見の頭と呼ばれる小ピークですが、
    ルートはここを左に巻いて進みますので、このピークには登りません。
A007-7-10:52非難小屋




いかなチンタラ歩きでも、美味しい場面はもう半分以上も過ぎてしまいました。
背後に連嶺第二位の小金沢山(2014.3m)が競り上がって来ます。
A007-8-11:07稜線




                 山頂より値打ちのありそうな標識です。
A007-11-11:15標柱




そのポイントから、本日は立ち枯れ状態の富士山。
A007-9-11:14富士山




同、先ほどよりさらに競り上がった小金沢山です。
A007-10-11:14稜線




         唐松尾根との分岐となるこの道標を見送れば、美味しい場面も終了です。
A007-12-11:25道標




       再び樹林帯に潜り込み、この少し先が山頂です。
A007-13-11:27樹林




                 11:33 大菩薩嶺山頂。
                 百名山の山頂としては些か殺風景の感は否めませんが、
                 この標柱だけ、昨年からおニューになった模様。
A007-14-11:35大菩薩嶺




    未だ誰も登って来ないのを指差し点検し、珍しく記念写真をパチリ!
A007-15-11:43大菩薩嶺2

…犬は飼い主に似ると言いますけど、
こうして見ると、はて?登ったのは飼い主なのか犬なのかというくらい、
お互い似て来るもんですなァ…。



   山頂の北側斜面は鬱蒼としたコメツガの森。…下山にかかってます。
A007-16-11:51コメツガ林


上日川峠から山頂を過ぎるまで、出会った登山者と言えば
唐松尾根を登って来たと見られる一名のみでしたが、
この下山路では、朝バスで一緒だった男女のペア他、
丸川峠方面から登って来る結構な人数とすれ違うことになりました。

このコースを登りに取るのはかなり大変で、当方なんぞは下り専門と決めてあるのですが、
しかも、明らかに半数以上は女性(それも皆若い)だったのにはちと驚きでした。



               …こちら、このコースでは顔馴染みのダケカンバの古木。
A007-17-12:06ダケカンバ




 山頂から30分ほど。久しぶりに視界が開けたところが丸川峠。
 中央の木立ちの中に丸川荘があります。
A007-18-12:26丸川峠




       丸川荘です。
A007-19-12:42丸川山荘




    後は黙々と下るのみですが、ここからの急で長い道のりが結構足に来るのです。
A007-20-12:35丸川峠




    最後にもう一度丸川荘を振り返り、亜高山の森とさよならです。
A007-21-12:43丸川山荘




       南に面した下山路では早くも雪融け状態で、これがまたただの雪道以上に厄介です。
A007-22-12:47山道




       木の間越しですが、こんな眺めが好きだったりします。
A007-23-13:15山肌




       13:35 丸川峠コース登山口。
A007-24-13:35登山口



ここからは林道を少し下り、今朝ほどの道路閉鎖箇所に出れば、
雪山入門、ガチガチのメジャーコース一周が完了です。


今回もまた、長いお付き合いありがとうございました。








スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/02/03(月) 20:01:16|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<立春の雪 | ホーム | 雪山入門-大菩薩嶺①>>

コメント

dechnocrat38さんって、
あのワンちゃんにそっくりだったんですね(゜o゜;)
だからこんなに健(犬)脚?

コメツガの森やクマザサ、
冬枯れの木立に雪がある風景も綺麗ですね。
しんと静かな中、雪を踏む音と
鳥の鳴き声しか聞こえなくて・・・
自分では行けないので、写真を見ながら色々と想像します。
富士山が見えた時は、思わず「おぉ~!」でした(^^)

  1. 2014/02/04(火) 14:57:29 |
  2. URL |
  3. paya #MCWqbLaQ
  4. [ 編集 ]

こんにちは

雪の大菩薩、初めて見ました。
まぁ~本当に健脚ですね。

山頂での記念撮影、ワンちゃんのお顔、笑ってしまいました。

雪の大菩薩からの富士山、いいですね~
憧れです。

大菩薩峠読まれたのですか?
私は昔有名だったので一体どんな内容なのかと文庫本を買って読み始めましたが、あまり面白くなくて(意味がよく分からないのが本音)途中でやめました・・・

丸川峠は登りたいなと思っていましたが、時間がかかりそうなので、いまだに登ったことがありません。
それも雪の山を、dechnocrat38さんは改めて健脚なので驚いています。

(お名前は上の方のコピーをしました^^;)
  1. 2014/02/04(火) 16:26:59 |
  2. URL |
  3. 咲 #YoMGui/Y
  4. [ 編集 ]

Re: payaさん おはようございます

本当に、いつからこんなに犬と似てしまったのか自分でも吃驚ですが、
でも、(犬)脚には恐れ入りました。…座布団3枚くらいは進呈したいほどです。

亜高山の森は太古からの原生林が多くて、それだけに味わいがありますね。
一つ間違えれば雪山は恐いですから、こちらも万年入門コースしか
歩けませんが、この大菩薩などは本当に有り難い存在です。

鬱蒼とした森ばかりでもまたちょっとウンザリですが、
稜線に出ると一気に視界が開けたりもする、このバラエティがいいですね。
今回の富士山は、やや存在が薄い感じではありましたが…。
  1. 2014/02/05(水) 05:55:45 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 咲さん おはようございます

今回のコースはコンパクトに纏まっているわりには
本格的な雪山の要素もあって、毎年同じコースで歩いても厭きないですね。

ただ、日帰りだと峠に登り着く時間には富士の眺めも予定終了って時が多いですが、
介山荘辺りで一泊出来れば、朝な夕なもっと素晴らしい眺めに逢えるんでしょうね。

山で自分の写真を撮るなんて滅多に無いことですが、
こんなに犬とそっくりだったとはガッカリです…。

こちらも大菩薩に登ったのをきっかけに、大菩薩峠のあらすじだけでもと読みましたが、
やっぱり面白くなかったようで、ほとんど記憶にありません。

丸川峠はとてもいい雰囲気で、こちらも好きな場所の一つですが、
直接登るにはいかにもハードなコースで、こちらはいつも下りで立ち寄ることにしています。
それにしても、このコースを登って来る人も結構多くて、皆さんすごいです。

…何を隠そう、こちらも自分のネームはいつもコピペで済ませますから、
自分で自分のスペルも覚えてないほどで…。

  1. 2014/02/05(水) 05:57:47 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seigado.blog.fc2.com/tb.php/121-908ae13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR