FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

峠向こうの山まで…①


JR鳥沢駅-穴路峠-秋山郷無生野-棚ノ入(タンノイリ)山-赤鞍ヶ岳
-菜畑山(ナバタケウラ)-今倉山-二十六夜山-富士急赤坂駅

今年3月の画像。
A028-1道志山塊



中央線沿線の山シリーズもこれで何回目になるかは忘れましたが、
今回は沿線からは一畝二畝奥まった道志山塊の中枢部がメインですから、
中央線沿線の山と言うにはやや無理があるかも知れません。

そこで今回は、あくまでも中央線の最寄り駅から歩き出すことで、
何がなんでも沿線の山にしてしまおうとの魂胆にて、多少長丁場ではありますが、
峠越えして行くことにしました。



AM5:00 ここが中央線のスタート駅。実はまだ電車の動く時間ではありませんが…。
A028-2JR鳥沢駅




桂川に架かる虹吹橋を渡ります。遠くは雁ヶ腹摺山方面。
A028-3桂川




5:30 小篠貯水池の堰堤より対岸の扇山。
このコースと言えば、毎度判で突いたようにこの眺めからとなります。
A028-4扇山




まだ起きちゃイヤよとカコが泣く~♪ …朝から歌うにはちとお上品さに欠けますかね。
A028-5貯水池


A028-6貯水池



峠文化。こっちの入口。
A028-7峠道




小篠貯水池から30分ちょっと。コース中程の大瀑布(?)
3月下旬にはまだスノーブリッジが架かってましたが、今はすっかり夏の装いです。
A028-8滝




貯水池から1時間足らずで沢筋を離れますが、この付近も前回は沢もろとも雪の中でした。
A028-9分岐



後はところどころ崩れた箇所もある、あまり面白味の無い山腹のトラバースが20分ほど。



6:54 穴路峠。
陽の当たらない北側斜面を登り詰め、ここで漸くシャワーのような光の歓迎を受けました。
A028-10穴路峠


A028-11穴路峠



ところで、峠越えの醍醐味は、なんと言っても「へ」の字越えにあります。

山から山への縦走途中に峠を通過することはままありますが、
それはあくまでも「逆へ」の字であって、正しい峠越えとは言えません。
こちらの里から山向こうの里へ、「へ」の字に越えてこそ正統だと思うのですが、
道路網の発達した昨今、歩いてそんな峠越えをする機会も少なくなりました。
当方もいつ以来かという正統「へ」の字越えには、実はワクワクしていたのです。



さて、正しく峠を跨ぎます。…ワクワクの瞬間はいとも呆気ないのです。
A028-12穴路峠




山向こうの峠道。
先ほどまではこっちと呼んだ向こう側の山道より、よほど快適です。
A028-13峠道




意外と綺麗な杉林の新緑。
A028-14杉林



A028-15杉林




峠文化。あっちの入口。
A028-16峠道




峠からものの20分で舗装道路に出ました。山向こうの里はやはり標高が高いと見えます。
A028-17杉林




そこからまたほんの5分で秋山街道。その昔はここを座頭市も歩いたって話はどうだか知りませんが…。
(注:秋山村は現在、上野原市に所属しています)
A028-18秋山街道




無生野の里です。
こんな山奥に、…と言っては失礼ですが、デカいお宅ばかりです。
A028-19無生野




…と言うことで、長い出し物にはなりそうですが、初回はここまで。

あまり更新も出来ないもので、一つネタを小出しにして、出来るだけ引っ張ろうとの魂胆ですが、
ただ、季節ネタは生ものですので、出る時はいつもカビが生えてからというようではちと気が引けるのでありますが…。






スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/22(木) 09:33:18|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<峠向こうの山まで…② | ホーム | ゆるゆるの記憶>>

コメント

あなたと~ぉ

越えたい~♪
は、歌ってもらえたのでしょうか?
違う歌を歌われているようですが
聞いたことない歌詞ですけれど・・・。

それはそうとして、
1枚目の写真の端から端まで
まさかこの距離を1日でですか?(@_@;)
とても人間業とは思えません。
・・・あ!人間じゃなかったかも?

以前、坊がつるに行った時に
タデ原から雨ヶ池コースで坊がつるに行き、
すがもり越えをして帰った
というのはありますが・・・
それは・・・への字で峠越えとは
言わない?・・・ですよね~(;^^A

たまに、こんな所からどこかの村に?
みたいな矢印が山の中の
登山道の途中にあってビックリはしますです。
  1. 2014/05/22(木) 13:01:12 |
  2. URL |
  3. paya #MCWqbLaQ
  4. [ 編集 ]

峠越え

こんにちは

穴路峠から秋山村へはどんな道なのかなと興味がありました。
今でも道があるんですね。
昔の人はこの山道を越えて行ったのでしょうか?

確かに峠越えはへの字ですね。
秋山村は無生野に出るんですね。

鳥沢駅から秋山村に出るだけですごいと思いますが、ものすごい数の山を登って来たようですね。
言葉が出ません・・・
二六夜山までですか?
わぁ~としか言えませんね。
健脚でうらやましいです。
  1. 2014/05/22(木) 15:03:02 |
  2. URL |
  3. 咲 #YoMGui/Y
  4. [ 編集 ]

Re: payaさん こんばんは

正統への字越えにワクワクしてたもので、あなたと~ぉ…はつい忘れてました。
ここで再び出すと、いよいよヒンシュクものでもありますしね。
もう一つは静かな湖面を前にすると自然に出て来る有名な歌ですけど、ご存知無いとは意外ですね。
ただ、なにしろナツメロなもので、こちらが若干歌詞を間違えた可能性はありますね。

九重山と言えば、久住高原から久住山-すがもり越-三俣山-坊がつる-大船山-七里田温泉まで
一日で歩いたことがありましたけど、大船山の下りで日没になりまして、
最後は闇夜に赤ベコ達の間をすり抜けて歩くのがとても不気味でした。
…そう言えば、その七里田温泉の仲居さんに、アンタは呑ン兵衛だとズバリ言い当てられたのを
昨日のように覚えてますが、昔も今も、呑ン兵衛ではあっても一応は人間でありたいと願ってますがね。

メジャーでない山は特にですけど、山地図に載ってない道が結構あったりして、
しかも、地名も地図には載ってなかったりで、困ってしまうことがありますね。
富士山麓の神奈川、静岡、山梨三県に跨る三国山なんぞは、
県によってそれぞれ呼び名の違う道標が立っているのには恐れ入ります。
  1. 2014/05/23(金) 01:12:05 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 咲さん こんばんは

中央線沿線から秋山街道側へ抜ける穴路峠、立野峠、寺下峠それぞれを歩きましたが、
意外なのは、秋山側の方が遥かに道の整備が行き届いているということですね。
その昔は、秋山側の人の方が峠道への依存度が高かったということなのか、
いかにも峠道らしい懐かしさが残っているのも秋山側の道ですね。

今でこそ歩いて峠越えをする機会も少なくなりましたけど、
昔はへの字越えが当たり前だったわけで、遊びで越えるわけではないだけに大変だったでしょうね。

一応都留市の方まで歩けましたが、こちらはいつでも遊びですから、
疲れたと思えば道志の側へ下ってもいいので気が楽ですね。
  1. 2014/05/23(金) 01:14:39 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seigado.blog.fc2.com/tb.php/147-937c0afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR