FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

峠向こうの山まで…②

アナタと越えたい穴路峠を独りで越えて、
山向こうの無生野の里まで下りて来ました。

ここからは標高1117メートルの棚ノ入(タンノイリ)山まで、
標高差にして560メートルほどの登りとなり、前半の正念場です。



秋山街道沿いの立派な看板。…この看板が曲者でした。
A028-20看板



実はこのコースは以前にも一度歩いており、
その時はまんまと道迷いをやらかし、どこだか解らない枝尾根から
なんとか登り着いたという経緯があります。

今回はその検証も兼ねてということなのですが、
当方が所持する一昔前の擦り切れた山地図によれば、
確かにこのコースは破線で表示されてもいたわけで、
つまりこのコース、先天性方向オンチにとっては致命的とも言うべき、
まともな道標一本無いぞ悲しき看板倒れなコースなのです。


…で、かなり奥まで続く林道を詰め、さて、いよいよ前回の宿題ポイントです。
今度ばかりは地図を握り締め、多少の緊張感を持って臨みましが…。
A028-21山道



…宿題はすぐに解けました。

この木片には確かに見覚えがありますが、「2つ目 堰堤渡る」…この親切を見落としたのが前回の不覚でした。
※ちなみに、「サンショ平」は棚ノ入山の別称です。
A028-22標識




左側に注意して進めば、なるほどヤブ越しに朽ち果てた橋がありました。
似たような獣道が錯綜してますから、「2つ目を渡れ」との指示を見落とせば、
やはりそのまま上流へ行ってしまうことになるのでしょう。
A028-23山道




ただし、ちゃんとしたルート発見の安堵もヌカ喜びで、歩き難さにおいてはかの枝尾根と五十歩百歩。
木に巻かれた目印の数だけの差といったとこで…。
A028-24山道




歩き難い上に相当急な山道は結局最後まで変わらずでしたが、新緑はそれなりに綺麗でした。
A028-25新緑


A028-26新緑


A028-27新緑


A028-28新緑


A028-29新緑



9:14 棚ノ入(タンノイリ)山。(23073歩)←突然ですが、この朝起きてからの犬の散歩込みの歩数です。
A028-30棚ノ入山



中央線沿線から一畝奥まったマイナーエリア中でも、とりわけ存在感の薄い棚ノ入山は、
実はいっちょ前に二つのピークからなっています。

ただ、手元のアルパインマップによれば、
本来の棚ノ入山頂は1117メートルの三角点のある東峰と言うことになっており、
今登り着いた棚ノ入山(西峰)はサンショ平という表示でしかありません。

ところが実際の現地では、ご覧のように棚ノ入山頂の名は西峰の側に冠せられ、
サンショ平という表示は稜線上のどこにも見当たらないのです。

標高的には双方ともほとんど変わらないようですが、
地図と現場が何故こんなに意見対立しているのかが不思議です。


では、せっかくですから東峰へも立ち寄ることにしましょう。


吊り尾根状になった緩やかな道を数分で東峰に着きます。
A028-31吊尾根



棚ノ入山(東峰)。
山頂を示す何の表示もありませんが、この三角点こそここが本来山頂であることの証しでしょう。
西峰が本家なら、こちらは元祖棚ノ入山と言ったところでしょうか。
A028-32元祖棚ノ入山



…と言うことで、シリーズ2回目もあっさりと?小出しで終わろうと思いますが、
前回はここでコースを間違え大幅に時間をロスっちまったと思いきや、
実はなんと、今回の方がもっと時間がかかってた、なんてのはいったいどういうこっちゃねん?







スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/23(金) 23:59:35|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<峠向こうの山まで…③ | ホーム | 峠向こうの山まで…①>>

コメント

こんばんは

入り口の看板が立派なだけに、
入ってからの不案内の尻すぼみ具合が
際立ち(?)ますね(>_<)
木片の看板も、どなたかの
親切でつけてあるようですし・・・

山での道案内や「後10分ガンバレ」等の
看板は嬉しくなりますね。
たとえ単なるテープだけでも助かります。

それにしても、迷った時の方が早かったって・・・
超直登でもされていたのでしょうか(^^;)

  1. 2014/05/24(土) 23:16:03 |
  2. URL |
  3. paya #MCWqbLaQ
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

あまり歩かれていないような登山道ですね。

前回迷われてもちゃんと山頂にたどり着けたようですが、D38さんは山のベテランですから不安にならないでしょうが、私なんか道が分からなくなるとすぐパニックになってしまいます。

それにしても、もっと整備してあればよいですね。
  1. 2014/05/25(日) 10:07:20 |
  2. URL |
  3. 咲 #YoMGui/Y
  4. [ 編集 ]

Re: payaさん おはようございます

実はこの看板にはさらなる偽りがあって、
二十六夜山は頂上まで密林に覆われた山で、
南アルプスはおろか隣の山さえ見えないのです。
こんな看板倒れも希少価値がつくほどですが、
マジで遭難騒ぎなんぞが起きないといいんですがね。

前回は、最後の目印が途絶えた時にはさすがに心細くなりましたけど、
それでも細々とした踏み跡は主稜線まで続いてましたから、
こんなマイナーエリアでもちゃんと誰かが歩いているわけですね。
どこのどなたか存知ませんけど、感謝したいですね。

歩き難さは正しいルートも似たり寄ったりでしたから、
枝尾根が直線ルートだった分時短になりましたかね?
山頂への直登なら尚よかったのですが、かなり右へ逸れてはいましたね。
それにしても、現在地が解った時の幸福感たらなかったですね。
  1. 2014/05/26(月) 06:17:51 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 咲さん おはようございます

いくらマイナールートでも、途中に道標の一本や二本はあるだろう
と思いましたが甘かったですね。
しかも、入口のあの立派な看板は何なんでしょうね。
看板に偽りありと言いますが、ほとんどイタズラに近いですね。

一応山登りの回数だけは何度もやってますが、
相変わらず道迷いもよくやりますし、迷えばやっぱり気持ちのいいものではありませんね。
ただ、登り方向の場合は上に向かって歩いてさえいれば頂上に着くだろう
という安心感はありますね。
下りの場合はそうは行きませんけどね。
また昔々の話ですが、四国の剣山から縦走した下りで道迷いをやりまして、
やっと下り着いた村が廃村でした。…あの時ほどガッカリしたと同時に
気味が悪かったこともありませんね。
  1. 2014/05/26(月) 06:19:59 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/29(木) 21:02:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ****さん こんばんは

正解。
  1. 2014/05/31(土) 20:35:58 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seigado.blog.fc2.com/tb.php/148-d5c90faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR