FC2ブログ

art-Deqe

デジタル画像整形専門

丹沢の森に泳ぐ…?③


檜洞丸山頂直下から今登って来た方向を振り返ってます。
A032-15稜線



A032-14稜線




ご覧のように、箒沢側から盛んにガスが湧き上がって来ますが、
特にそれを阻止するような風があるとも感じられないのに、ガスは決して稜線を越えることはありません。
A032-16稜線



地域全体が低気圧に覆われた際にはその限りではありませんが、
その山だけに雲がかかっているような場合には、丹沢に限らず往々にして見られる現象のようです。



余計ですが、こんな画像を思い出しました。
地域も規模も違いますが、条件はそっくりです。(後立山・五竜岳~鹿島槍ヶ岳間)
A032-17八峰





再び檜洞丸山頂です。(登別の湯煙?にも一瞬の晴れ間がありました。)
A032-18檜洞丸





ブナの長老達に暇乞いして山頂を後にします。
A032-19ブナ




A032-20ミツバツツジ




ただのミツバツツジとちゃいますねん。トウゴクミツバツツジ、言いますねん。
A032-21ミツバツツジ





漸く檜洞の一山を越して来た辺り。
A032-22山道




程なくして金山谷乗っ越しを通過しますが、この付近、稜線に達するほどの崩落箇所があります。
A032-23山道




金山谷乗っ越し。
A032-24金山谷乗っ越



…と言うことで、今後のネタ切れ状況から推して、
ここでなるべく時間稼ぎをせざるを得ない事情もあったりしますので、
続きはまた次回ということで。






スポンサーサイト



テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/16(月) 04:16:22|
  2. hiking
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<丹沢の森に泳ぐ…?④ | ホーム | 丹沢の森に泳ぐ…?②>>

コメント

こんばんは

改めてすごいガスの中を登山されましたね。
ガスですが、片側だけなんてことがあるんですね。
左はガスで、右はすっきりとしていますね。
不思議ですね。

トウゴクミツバツツジでしたか?
ミツバツツジもいろいろな種類があるんですね。
それにしてもガスに煙るミツバツツジ素敵ですね~♪

登山道、両脇が切れたようになっている個所は怖いですね。v-12
  1. 2014/06/16(月) 19:44:11 |
  2. URL |
  3. 咲 #YoMGui/Y
  4. [ 編集 ]

こんばんは

最初の写真、なんという登り難そうな階段でしょうか。
崩れているじゃありませんか。
最後の2枚も怖いですね~(ーー;)

ずいぶんと険しそうな山にも登られてますね(@_@;)
ガスが稜線を越えないのですか・・・不思議な光景ですね。
こんなことがあることすら知りませんでした。
これもまた、私には一生お目にかかれないもの。
見れてよかったです。ありがとうございます。

そうそうこれも、トウゴクサバノオ、じゃなかった、
トウゴクミツバツツジ。
見た感じ色は同じようですが・・・
木はこちらのよりも大きい感じもしますですね。
・・・・木次第?
  1. 2014/06/16(月) 22:50:50 |
  2. URL |
  3. paya #MCWqbLaQ
  4. [ 編集 ]

Re: 咲さん おはようございます

雨にならなかったのが何よりの幸いでしたが、
時々は霧が晴れてくれたことにも慰められました。

山の片側だけのガスは、上昇気流が急に冷やされるために発生するようですが、
実際には稜線を越えていても、越えるとすぐに醒めてしまうので、
いつでも山の片側だけという感じに見えるんでしょうね。
自然現象はいろいろと面白いことが起こりますね。

トウゴクミツバツツジは、関東近辺でも比較的高い山の上で見られるようですが、
普通のミツバツツジに比べ、やや赤が濃い目かな?という印象は受けますね。

君子危うきに近寄らずですが、丹沢の山道は至れり尽くせりのサービスが施されていて、
本当に助かります。
  1. 2014/06/17(火) 06:51:11 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

Re: payaさん おはようございます

最初の写真の山道は、この時点では完全に壊れてました。
階段を新しく付け替えるためなのか、全部掘り起こされて横倒しになってまして、
おかげで障害物競走のスリルも堪能させていただきました。

かつて中部山岳の3000メートル級に入り浸っていた時代もありましたが、
今はせいぜい丹沢クラスで、地元でおとなしくしています。
山の片側だけのガスについては、↑咲さんにもご紹介しましたが、
山の片側が絶壁のようになった地形ほど起き易いようで、
それだけ空気が急激に冷やされるということなんでしょうね。
雲の境目を間近に見るようなのが圧巻ですね。

丹沢だけが特にそうなのか、ここのトウゴクサバノオ、じゃなかったミツバツツジは、
どれも立派な大木でした。見た感じ、それが普通のミツバツツジとの大きな違いですかね?
ミヤマキリシマのような盆栽風もあれば、ツツジの仲間もバラエティー豊かですね。
  1. 2014/06/17(火) 06:55:34 |
  2. URL |
  3. dechnocrat38 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seigado.blog.fc2.com/tb.php/158-d9d32956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dechnocrat38

Author:dechnocrat38
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Person (6)
Picture (14)
Scenery (58)
outdoor (7)
hiking (43)
未分類 (12)
里の花山の花 (18)
遠き山に日は落ちて (7)

過去記事index

ハイキング 中央線沿線 富士山 雑木林 扇山 秀麗富岳十二景  山野草  新緑 雪山 丹沢 山里 夕焼け 雑草 紅葉 高尾山 カラマツ 霧氷 雪景色 葉っぱ 芽吹き 中央道 赤外線写真 穴路峠 帰化植物 絵画風 キノコ 蛭ヶ岳 ブナ 世界遺産 朝露  百蔵山 若葉 画像合成 大菩薩嶺 大菩薩峠 倉岳山 似顔絵 合成写真 小金沢山 カツラ 修正 雨氷 姫次 夜景 岩殿山 檜洞丸 日の出 ミツバツツジ 残雪 秋の空 塔ノ岳 今倉山 鹿 赤ピーマン 菜畑山 二十曲峠 赤鞍ヶ岳 赤ちゃん 美肌 セッコク 丹沢山 ハマイバ丸 シモバシラ 高畑山 オルゴールの森 河口湖 高柄山 セイタカアワダチソウ 山中湖 談合坂サービスエリア ビロードモウズイカ 夏雲 ハイダイナミックレンジ 濃度調整 オオムラサキ ツユクサ アメンボ 色域選択 渋滞 露出オーバー 若返り 人物 黒岳 タカオヒゴタイ ススキ 麗子像 雨降り 三国山 大谷ヶ丸 大蔵高丸 湯ノ沢峠 名画 Monroe シロツメクサ 棚ノ入山 二十六夜山 ヤマツツジ センボンヤリ マメザクラ  滝子山 チカラシバ 昆虫 御中道 満月 カミキリムシ チシオタケ カラスアゲハ 本社ヶ丸 エンボス 石割山 ギンリョウソウ ネコジャラシ 彼岸花 クサボタン モグラ ツルボ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 自画像 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR